貿易風の音やハドレー巡回などについて勉強した

風の音などについて学校しました。低緯度と高緯度の気温差を解消しようと講じるエアの作用を策する状況、何より単純なものは極で下降し赤道で上昇する対流作用だ。18世紀に英のハドレーは低緯度に吹く貿易風の音をこういうモテルでレクチャーしました。しかし、実際には赤道で上昇して高緯度に通うエアも、極で下降して低緯度に伺うエアも、共々転向能力によってそのベクトルを曲げられてしまうため、単純な対流作用にはなりません。赤道で上昇したエアは高緯度へ向かいますが、転向能力によって西風となり、緯度20°〜30°で下降して高圧帯(亜熱帯高圧帯)をつくります。亜熱帯高圧帯からは赤道に向かって貿易風の音が、高緯度に向かって偏西風が吹き出します。こういう対流作用をハドレースパイラルとよびます。南半球のセンター緯度は、高度約12km、気圧200hPaの域を浮遊する気球の履歴だ。中緯度のこういう高さには約10日間で一周始める凄い西風が南北に波打ちながら吹いていらっしゃることがわかります。はなはだ勉強になりました。http://www.dilveedebiyatarastirmalari.com/

貿易風の音やハドレー巡回などについて勉強した

避けては通ることのできない三十路という現実の壁

25歳で結婚してすぐに子供が生まれ、その後第二子も生まれ、気付いたら今年で30歳になっていました。
本当に育児をしていたら1日があっという間で、自分の時間もなければ、自分に費やすお金もありません。
何だか現実悲しいことになっていますが、これが身体にも出てきました。
変な病気をするようにもなりました。
尿路結石、副鼻腔炎、メニエールなど出産してから花粉症にもなったし身体が変わってしまいました。
2度の授乳を終えたら、胸は寂しいなんてもんじゃありません。
他人には恥ずかしくて見せられないと、絶対浮気はできないよなと思ったり。笑
あと気付いたら口の横に笑い皺ができていました。
これってもう消えないんでしょうか。
安い美容液とはいえ、ちゃんと毎日欠かさずケアしてきたつもりだったのに、やっぱり高いものじゃないと意味ないのかもしれませんね。
気持ちはまだまだ若いつもりでいたのに、見た目はやっぱり老けていっているみたいです。
悲しい現実ですが、これ以上衰えないように、何か対策を考えなければいけません。
負けるな三十路。http://nyota.co/

避けては通ることのできない三十路という現実の壁